トイレなどの水まわりとハウスクリーニングについて

家を毎日掃除していも、やがて取れない汚れ等が発生したり、掃除が難しい場所に汚れが発生する可能性があります。

その様な時は、ハウスクリーニングの専門業者へ依頼すれば解決できます。例えば、トイレや洗面台等の水まわりでは、カビや水垢が付着してきます。

これは、市販の酸性洗剤で除去できる可能性がありますが、非常に強力なため使い方を誤れば危険を伴うだけでなく、場合によっては除去できない可能性もあります。

そのため、専門知識を持った業者へ任せて確実に除去するのが安全です。また、天井や壁、床の汚れ等についても、材質により清掃方法が変わります。

天井や壁の場合では、汚れ種類や度合いによって洗剤等の清掃方法が変わってきます。水をはじく材質であれば問題ありませんが、そうでない場合は拭きムラが出たり、塗装されている場合はペンキが取れてしまい悪化する可能性があります。

しかし、業者に依頼しても清掃が不可能な材質の場合もあります。その様な場合は、ペンキの塗装やクロスの張り替えが必要となりますが、清掃の方が費用が安いので、業者に確認してもらい判断してもらえば安心です。

床に関しても同様で、材質により作業方法が違います。通常のタイルであれば、ワックスの塗り重ねによって、光沢が高まり綺麗にみえます。
しかし、ワックスの塗り重ねをする場合は、古いワックスの表面を綺麗に洗浄し、汚れや傷をある程度除去しておく必要があります。

それを怠ってワックスを塗り重ねていくと、次第に黒ずんできます。

フローリング等の木床の場合は、吸水性があり変形や変色の可能性があるため、水をあまり使用できず、ワックスを塗る場合も専用の物を使用する必要があります。

絨毯やカーペットの場合も同様で材質により注意が必要で、方法を誤れば縮んだりする可能性があります。

ガラスの場合は、拭き清掃により綺麗になりますが、固まって取れない汚れの場合はガラス用のカッターが必要です。

しかし、これも使い方を間違えるとガラスに傷がついてしまう可能性があります。

この様に、例え専用の道具を持っていたとしても、正しい知識と技術がなければ悪化してしまう可能性があります。

ハウスクリーニングの専門業者は、確かな知識と技術の他に豊富な経験を積んでいますので、正確な判断によって清掃を行うため、仕上がりが非常に綺麗です。

定期的に専門業者へ依頼する事によって、長く美観を維持する事が可能となります。

1万円以上、ハウスクリーニングが安くなるコツ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ